媚薬の禁忌事項と使用量とは

禁忌事項について考える女性
媚薬には女性の不感症を改善するものや性器の潤いをアップさせるもの、興奮作用のあるドーパミンの分泌を促すものなどがあります。不感症を改善するものや性器の潤いをアップさせるものの場合、性器周辺の血流を良くする成分が多く含まれており、男性用の精力剤と同じような効果があると言えるでしょう。ドーパミンの分泌を促すものについては、女性は性行為の際に男性よりも感情の影響を受けやすいため、性的興奮を高めるために使うものとなっています。媚薬は必要な時にだけ服用するものなのですが、性行為をする時間を考えて服用することが大切です。持続時間は人によって異なっているのですが、食後すぐの服用は控えた方が良いでしょう。副作用などが気になる場合、最初は少ない量を服用して様子を見ることがポイントです。また、神経伝達物質を刺激するタイプの媚薬の場合、効果が出るまでに時間がかかってしまうこともあります。媚薬として一時的な効果を得たいという場合、やはり血流を良くするタイプや性器の潤いをアップさせるタイプにした方が良いでしょう。海外の媚薬は効果が高いのですが、日本では認められていない成分が配合されていることがあります。そこで海外製の媚薬を購入したいという場合、個人輸入を利用する必要があります。この場合は処方箋の必要がありませんし、手軽に購入できるというメリットがあります。しかし、媚薬には風邪薬などと同じように副作用や禁忌事項などもあるため、正しい使用量や使用方法をしっかりと守りましょう。ちなみに、効果の出方は人によって異なっており、多く飲んでも効果が高まることはありませんし、副作用などが出てしまうこともあるので注意が必要です。

媚薬に関する記事

  • 媚薬の服用時間と失敗について

    媚薬といってもさまざまな商品があるため、どれを選んだら良いのか迷ってしまうかもしれません。本当に効果があるのかということが気になるかもしれませんが、信頼できるシ

  • 媚薬の禁忌事項と使用量とは

    媚薬には女性の不感症を改善するものや性器の潤いをアップさせるもの、興奮作用の...

    禁忌事項について考える女性
  • 媚薬を用いて練習やED対策

    ED気味になっている場合、練習をすることによって改善できる可能性があります。一旦、EDになってしまった場合、それによって自信喪失をしてしまうことがありますが、精

  • 多量の媚薬と妊娠について

    男性の媚薬というと男性器の勃起力をアップさせる精力剤がよく知られています。さまざまな効果を期待できる商品なのですが、使う際にはその成分をしっかり確認しましょう。

  • 妊娠中の媚薬の使用と尿管への刺激

    妊娠するために媚薬を利用するのは珍しくありませんが、いったん妊娠が確定したら...

    媚薬を利用して新しい生命を身体に宿す女性
  • 薬名が有名な薬は媚薬としても知られ早漏などに効果的

    性生活の障害を円滑に取り除いてくれるのが媚薬の役割です。 科学技術が発達していない時代から、人々はありとあらゆる手段を使い、媚薬を作り出してきました。 西洋の方

ページの先頭へ戻る